Premiere Proの画面構成 【2020年版!】

こんにちは、本日は2020年最新版Premiere Proの画面構成についてご紹介していきます。

Premiere Pro初心者の方で、Premiere Proを開いたけど、
「全然分からない、複雑すぎる」と一度はパソコンを閉じてしまう経験はありませんか?

今回はそんな方に向けて、Premiere Proの画面構成をわかりやすく解説していきます。

Premiere Proの全体画面

Premiere Proの画面構成を知っておかなければ、スムーズに操作することはできません。

Premiere Proの画面は複数のパネルの組み合わせで構成されており、各パネルによって役割が分けられています。

Premiere Proの各パネル

①ワークスペースパネル

Premiere Proのワークスペースパネルには、
「学習」「編集」「カラー」「オーディオ」「グラフィック」「ライブラリ」など編集用途に応じたパネルの組み合わせが用意されています。

例えば、カラーを選択すると、カラーの編集がしやすいように、自動的に画面構成が変わります。

②ソースモニターパネルグループ

素材(ソース)の動画や画像を読み込むことよって、
クリップ(読み込んだ素材)を再生することができます。

また、ワークスペースパネルを編集にすると、
「Lumetriスコープ」
「エフェクトコントロール」
「オーディオクリップミキサー」

などのクリップを編集することができるパネルがドッキングされています。

各パネルはドッキングを解除したり、移動したり自由にカスタマイズできます。

③プログラムモニターパネル

タイムラインパネルの編集映像をプレビューするモニターです。

どこでカットをしたり、効果音を入れたりするのかは、このプログラムモニターを見ながら行ます。

再生画質を変更してパソコンの負荷を軽くしたり、
映像から静止画を書き出したりすることができます。

④プロジェクトパネルグループ

プロジェクトパネルは編集に使う、全ての素材を集める素材置き場です。

他にも、エフェクト効果を集めた「エフェクトパネルや、「メディアプラザーパネル」、「CCライブラリパネル」、「情報パネル」、「マーカーパネル」、「ヒストリーパネル」の7つのパネルがドッキングされています。

⑤ツールパネル

編集で使用するツールが集められているパネルです。

また、各ツールを長押しすることで、より細かいツールを選択できます。

しかし、ショートカットキーを使った方が効率的に作業ができます。

⑥タイムラインパネル

主に「シーケンス」と呼ばれるのがタイムラインパネルです。

作業スペースのメインとなるパネルであり、
ビデオトラックとオーディオトラックに素材を並べて作品を組み立てることができます。

レイヤー形式になっており、上にあるものが優先されて表示されます。

⑦オーディオメーターパネル

再生中のマスター音声レベルを表示するパネルです。

レベルに応じて先端部分の色が変化します。

まとめ

今回のブログでは、Premiere Proの画面構成についてご紹介しました。

予め、パネル名だけでも覚えておくことで、
Premiere Proの解説動画を見る際にも、逐一ネットで確認するような非効率的なこともなくなります。

また、Premiere Proはサブスクリプション型のサービスになり、ユーザーの使いやすさを追求し、アップデートを重ねています。

そのため、参考書の情報はもちろん、ネットの情報でさえも古いものが多くあるため最新版なのかを確認しましょう。

本日もブログを読んでくださりありがとうございます^_^

 

最新情報をチェックしよう!