Premiere Proの調整レイヤーってどこにある?【1分解説】

こんにちは、成り上がりニートBlogのみきやです。

今日は、Premiere Proで調整レイヤーの出し方と使い方についてご紹介します。

調整レイヤーの出し方

調整レイヤーの出し方は以下の手順で簡単に出すことができます。

  1. プロジェクトパネルの横幅を広げる
  2. 右下の新規項目から「調整レイヤー」を選択
  3. サイズ指定を合わせる
  4. プロフェクトパネルに「調整レイヤー」が追加される
  5. 「調整レイヤー」をドラッグアンドドロップでシーケンス内に移動

 

まず、デフォルトのプロジェクトパネルの大きさでは、クリックしたい箇所が隠れているので、プロジェクトパネルの横幅を右に広げます。


 

横幅を広げると、右下の新規項目をクリックし、「調整レイヤー」を選択します。


 

そうすると、下の画像のようにサイズ指定があるので、自分の指定したいサイズに調整します。

また、特にサイズ指定がなければ、そのまま「OK」を押します。


 

「OK」を押すと、プロジェクトパネルに「調整レイヤー」が追加されているか確認しましょう。


 

最後に、プロジェクトパネルの「調整レイヤー」を、ドラッグアンドドロップでシーケンスに移動させると、1番初めの図で表した、動画上に透明の板が置かれている状態になります。


 

また、調整レイヤーをよく使う人は、ショートカットキーに「調整レイヤー」を追加すると効率よく作業をすることができます。

僕の場合、「Shift」+「R」で調整レイヤーがすぐ出るようにショートカットを設定しています。

 

調整レイヤーの使い方

カット作業終了後に、全てのクリップにモノクロをかける場合を例に「調整レイヤー」を使っていきます。

  1. シーケンス内の「調整レイヤー」を選択
  2. 「カラー」→「Look」→「Monochrome」の順に選択
  3. 「調整レイヤー」がかかっている全ての部分がモノクロになる

 

まず、シーケンス内の「調整レイヤー」を選択します。


 

次に、「カラー」→「Look」→「Monochrome」の順に選択します


 

そうすると、「調整レイヤー」がかかっている全ての部分にモノクロがかかります。


 

どうでしょうか?「調整レイヤー」の使い方が理解できましたか?

「調整レイヤー」がなければ、カット編集後にモノクロにする場合、クリップ1つ1つに対して、モノクロに変える作業をしなければなりません。

しかし、「調整レイヤー」を使えば、全体のクリップをまとめてモノクロにできるので、非常に便利です。

まとめ

今回ご紹介したような手順を踏めば、カット編集後であっても、全体や複数のクリップに、一括でエフェクトをつけたり、明度の調整をすることができます。

このように、調整レイヤーはとても便利なツールですので、ぜひ使ってみてください!

最新情報をチェックしよう!