Premiere Proでトランジションを一瞬でつける方法【1分解説】

トランジションとは、動画をカットをした前後の部分、つなぎ目となる部分の演出のことです。

トランジションは多用すると少しくどくなってしまうので、程よく、要所となるポイントで使いましょう。

また、動画編集をしていると、「よく使うトランジション」「あまり使わないトランジション」があると思います。

そこで、今回は「よく使うトランジション」一瞬で設定する手順についてご紹介させていただきます。

基本的なトランジションの設定

まず、基本的はトランジションの設定についてご紹介します。

今回は、実際に【クロスディゾルブ】というトランジションを設定しながら説明していきます。

  1. ワークスペースからエフェクトを選択
  2. エフェクトからビデオトランジションを選択
  3. ディゾルブから【クロスディゾルブ】を選択
  4. 【クロスディゾルブ】をドラッグアンドドロップで入れたいクリップのつなぎ目に挿入

以上の手順を行うと、トランジションを追加することができます。

一瞬でトランジションをつける手順

「ディゾルブ」「フェード」といったトランジションは、
他のトランジションと比べて、比較的多く使用されるトランジションです。

しかし、先ほど説明した基本的なトランジションの設定方法では、手順が多く、時間がかかってしまいます。

そのため、「多く使用するトランジション」デフォルトに設定することで、一瞬でトランジションの設定が可能になります。

トランジションをデフォルトに設定する方法

  1. ワークスペースからエフェクトを選択
  2. エフェクトからビデオトランジションを選択
  3. ディゾルブから【クロスディゾルブ】を選択   ←ここまでは上記と同じ

  4. 右クリック「選択したトランジションをデフォルトに設定」をクリック
  5. トランジションを入れたい箇所を選択

  6. 右クリック「デフォルトのトラジションを適用」を選択

 

 

上記の手順を行うと、「よく使うトランジション」をデフォルトに設定することができます。

次回からのトランジションをつける手順

  1. トランジションを入れたい箇所を選択
  2. 右クリックで「デフォルトのトランジションを適用を選択」

そのため、次回からのトランジション設定をする作業は2つの動作で済みます。

トランジションのデュレーション設定

トランジションの時間や位置の調整も設定することができます。

設定方法は以下の通りです。

  1. トランジションを選択
  2. エフェクトコントロールパネルを表示
  3. 時間や位置の調整

トランジションを消す方法

トランジションを消す方法もとても簡単です。

  1. 消したいトランジションを選択
  2. deleteキーで消去

まとめ

以上本日は、一瞬でトランジションをつける方法について解説させていただきました。

動画編集の際に、よく使用するトランジションがあれば、ぜひデフォルトに設定してみてください!

また、トランジションには多く種類があるので、場面場面にあったトランジションを使い、動画編集の質を高めていきましょう1

 

 

 

最新情報をチェックしよう!