Premiere Proのワークスペースが崩壊した際の対処法【1分解説】

今回のブログでは、Premiere Proのワークスペースをデフォルトに戻す方法についてご紹介します。

Premiere Proを初めて使う方や歴が浅い方で、誤ってパネルを消してしまったり、ドッキングを解除したりして、
元の状態に戻せなくなってしまうことがあると思います。

そんな方に向けて、Premiere Proのワークスペースをデフォルトに戻す手順を以下で説明します。

Premiere Proのワークスペースをデフォルトに戻す手順

デフォルトに戻す方法

ワークスペースを元のデフォルトの状態に戻す方法は、
すごく簡単です!

手順は以下の通りです。

  1. メニューバーのウィンドウを選択
  2. ワークスペースを選択
  3. 保存したレイアウトにリセットを選択

これだけで、ワークスペースがデフォルト状態に戻ります。

それでも直らない場合

それでもデフォルト状態にワークスペースが直らない場合は以下の方法を試してみてください。

  1. メニューバーのウィンドウを選択
  2. ワークスペースを選択
  3. 全てのパネルを選択


初めに紹介した、デフォルト状態に戻す方法でも直らない方は、是非こちらの方法も試してみてください。

この方法を覚えておくだけで、
次回からスムーズに取りかかれるので覚えておきましょう!

作業の取り消しとやり直しの方法

編集中に1つ前の作業に戻す方法

編集をしている際に、間違えてカットしてしまったり、
1つ前の作業状態に戻した時があると思います。

1つ前の作業を戻す方法は以下の通りです。

  • メニューバーの編集を選択→取り消しをクリック
  • ⌘+Z(Mac) or Ctl+Z(Windows)

取り消した作業を再度戻す

上記の方法で、1つ前の作業に戻していると、
戻りすぎてしまう場合があると思います。

取り消した作業を再度戻す方法は以下の通りです。

  • メニューバーの編集を選択→やり直しをクリック
  • ⬆︎+⌘+Z(Mac) or ⬆︎+Clt+Z(Windows)

まとめ

以上、今回はPremiere Proのワークスペースをデフォルトに戻す方法についてご紹介させていただきました。

初めはわからないことが多いと思いますが、
Premiere Proを触っていくと徐々に慣れていきます。

色々触っていると、パネル崩壊してしまうこともあるので、
その際は、本日ご紹介した方法でデフォルトに戻しましょう!

本日もブログを読んでくださりありがとうございます^_^

最新情報をチェックしよう!