カット編集を爆速でするリップルトリミング【Premiere Pro1分解説】

今回は動画編集では欠かせない、「リップルトリミング」についてご紹介していきます。

以下でご紹介する手順を覚えておけば、スムーズにトリミング作業ができます。

リップルトリミングの手順

リップルトリミングの主な手順は2つです。

・編集点を追加 (切り取るポイントを決める)

・リップルトリミングのショートカットキーを押す

「リップルトリミング」には、再生ヘッドより左をトリミングする方法と、再生ヘッドより右をトリミングする方法があります。

前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング(再生ヘッドより左をトリミング)

  1. 編集点を追加(⌘+K)

    まず、タイムラインパネルのクリップ上で、
    編集点を追加(⌘+K)を押すと、レーザーツールでポイントを入れたようにカットされます。


  2. キーボードの「Q」をタイプ

    先ほど追加した編集点より、再生ヘッドが右側にある状態で
    「Q」をタイプすると、
    以下のように、再生バーから先ほどの編集点まで削除できたと同時に、左に詰めることができます。

次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング(再生ヘッドより右をトリミング)

  1. 編集点を追加(⌘+K)

    先ほどと同様に、タイムラインパネルのクリップ上で、
    編集点を追加(⌘+K)を押すと、レーザーツールでポイントを入れたようにカットされます。


  2. キーボードの「W」をタイプ

    先ほど追加した編集点より、再生ヘッドが右側にある状態で「W」をタイプすると、
    以下のように、再生バーから先ほどの編集点まで削除できたと同時に、左に詰めることができます。


リップルトリミングのまとめ

今回のブログで大事なポイントは以下の3つのショートカットキーです。

編集点を追加:⌘+K (Mac) or Ctl+K (Windows)

前の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:Q (Mac,Windows)

次の編集ポイントを再生ヘッドまでリップルトリミング:W (Mac,Windows)

このショートカットキーをマスターすれば、動画の編集スピードが爆速に上がります。

以上、本日はリップルトリミングについて、ご紹介させていただきました。

 

最新情報をチェックしよう!