Googleストリートビューでオンライン帰省?

なかなかコロナが収まりませんね。

政府はついに、コロナの感染拡大を防ぐために、
20020年のGW(ゴールデンウィーク)の外出を自粛するように要請しました。

それに伴い、安倍総理もビデオ通話を使った「オンライン帰省」を呼びかけています。

さあ、皆さんはGWはどう過ごそうと考えていますか?

「家でNetflix見る」

「地元の友達とオンライン飲み会」

「家族とLINEでビデオ通話する」

など人によって自粛の仕方は様々だと思います。

もしかすると、アプリがこんな状態になっている人もいるのではないでしょうか?

そんな暇すぎて、ほぼ何もしないであろう皆さんに
今Twitterで流行っているGoogleストリートビューを使ったオンライン帰省についてご紹介します。

オンライン帰省とは

まず、政府の要請したオンライン帰省は、
LINEや、今流行りのZoomなどのビデオ通話機能を使って家族と連絡を取るといったものです。

例えば、地元を出て、東京や大阪で働いている人は、GWやお盆、お正月といった、まとまった休みでないと、なかなか実家に帰省することはできません。

しかし今回、GWでの外出、帰省の自粛が要請されたため、お互いの顔を見ることができるビデオ通話で、
久しぶりに親に顔を見せたり、家族とコミュニケーションを取ることが呼びかけられています。

これを「オンライン帰省」と呼んでいます。

しかし、このビデオ通話アプリでのオンライン帰省ではなく、Googleストリートビューを使い、マップ上で本格的に帰省を試みる人が増えています。

なぜオンライン帰省にGoogleストリートビューが使われているのか

オンライン帰省にGoogleストリートビューが使われている理由は以下の3つがあります。

  1. 実際に帰省している気分になれる
  2. 道中に懐かしい人やペットに会える
  3. 家族と連絡を取る際のきっかけになる

Googleストリートビューには、1年前、2年前の画像も使われています。

そのため、Googleストリートビューでの帰省中に、
昔飼っていたペットに遭遇したり、
亡くなった祖母と再会したり
など
普通の帰省では体験できない体験ができると話題になっています。

さらに、Googleストリートビューを使った帰省中の出来事をテレビ通話で話したり、メッセージをしたりなど、政府が勧めるオンライン帰省をするきっかけにもなっています。

その他にも、Googleストリートビューを使ったオンライン帰省中での、面白い場面を切り取ってツイートするなど、オンライン帰省を楽しむ人が増えています。

さらに本格的なオンライン帰省

Googleストリートビューでは、主に車を使って帰省をしている人が実際に帰省をしている様な体験ができます。

しかし、東京から沖縄に帰る人や、海外から日本に帰るのに飛行機を使って帰省する人もいるのではないでしょうか?

実はパソコンさえあれば、飛行機に乗って帰ることもできます。

いえ、乗れる体験ができます。

パソコンでGoogle Earthをインストールしていただくと、飛行機の操作まで体験できます。
(※スマートフォンではできません)

  1. ウェブでGoogle Earthを開き、パソコン版をダウロードする


    1番簡単な方法は、Google Earthとウェブで調べ、Google Earthを起動させます。

    そうすると、左のツールバーに
    「パソコン向けGoogle Earthをダウンロード」とあるので、
    そこからインストールする方法です。

  2. 帰省時に使う空港を探す


    左上の検索バーで目的の空港を検索する方法でも、
    マップを辿って、空港を探していただいても構いません。

    今回は成田空港から、フライトを挑戦してみます。

  3. 空港のフライトシミュレータを起動させる


    Windowsの場合は「Ctrl」+「Alt」+「A」
    Macの場合「command」+「option」+「A」

    を押すとフライトシミュレータの画面が開きます。

    フライトを開始を押す前に、現在のビューにチェックを入れることで、現在地からフライトを行うことができます。

  4. フライト


    いよいよ、実家に向けてフライトです。

    機体のコントロールは、マウスとキーボードを使って操作する方法や、ディスプレイで操作する方法など複数あります。

    興味があれば、Google Earth ヘルプからご確認ください。

  5. 墜落


この写真を見てわかる様に、はじめは大体墜落します。

その結果、なかなか家には辿り着けません。

僕は墜落により、6回命を落としたので、諦めました。

GWのオンライン帰省に是非

GoogleストリートビューやGoogle Earthを使うことで、
実家までの帰り道を辿るという帰省体験を楽しむことができます。

本物のオンライン帰省を試したいと思った方や、
暇で何もすることがなくなった方は是非、
Googleストリートビューで帰省してみてはいかがでしょうか。

 

 

最新情報をチェックしよう!